• カンファ水商品ラインナップ
  • カンファミキシノーヴァ
  • えこるビズ
  • えこる
  • カンファスイ
  • ご購入はこちら お手軽衛生管理の専門ショップサイトPINPON

カンファ水とは



従来の殺菌剤・消臭剤は効果が強力な剤ほど、危険・有害な物がほとんどでした。
カンファ水は強力な効果を持ちながらも安全・無害・無公害な安心して使える新しい殺菌・消臭水です。

 カンファ水の生成

次亜塩素酸ナトリウムに塩酸などの酸性剤を混和することは、漂白剤やカビ除去剤などの次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする剤には
必ず表記されている「まぜるな危険!」の通り、本来大変危険な行為であり困難な混合技術なのです。
これを「安全・安定的に混合する技術」をハセッパー技研が開発したことにより、カンファ水が誕生したのです。


次亜塩素酸分子(HOCI)の存在率が高いpH領域
の殺菌水ほど優れた殺菌能力と高い安全性を持つ
殺菌水なのです。


カンファ水や次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸で
殺菌します。
次亜塩素酸はpHの値でその状態・存在が変動します。

アルカリ側(pH7.0以上)ではイオンの状態(OCI‐)として
存在し、中世から酸性では分子の状態(HOCI)として
存在します。 右記グラフはpH値による分子とイオンの
存在率の変動を表しています。
 次亜塩素酸分子(HOCI)と次亜塩素酸イオン(OCI-)の違い


次亜塩素酸分子(HOC1)は細胞膜を通過し、直接内部の栄養素、
エネルギー源を変性又は消費させ、死滅もしくは不活化させる
殺菌メカニズムになっています。
次亜塩素酸イオン(OC1-は細胞膜を透過することが出来ないため、
外側から作用し、時間をかけて細胞膜を破壊するメカニズムに
なっています。


上記表はアメリカ環境保護局の調査委結果で、
次亜塩素酸分子(HOC1)と次亜塩素酸イオン(OC1-)
それぞれが同濃度の時に大腸菌を死滅させるのに要する
時間を示しています。

0.1ppmのときに、
次亜塩素酸分子(HOC1)は1.5分で死滅
次亜塩素酸イオン(OC1-)は120分で死滅
結果、1/80という数値が得られました。
 
 カンファ水の強力な殺菌効果とウイルス不活化効果

幅広く販売されている除菌剤・消毒剤・消臭剤は強力効果を表現している剤は必ず「危険性・有害性・公害性」を有するという、
使用する上では心配な要素があります。
カンファスイは一般的な剤よりも強力な効果を持ちながらも「無害・無公害」なので、誰でも・どこでも安心して使える高い安全性がある
生成水なのです。

【カンファ水の強力な殺菌効果】
カンファ水は同濃度及び高濃度の次亜塩素酸ナトリウムに比べ、
短時間で強力な殺菌効果を発揮したことが確認されています。

【ウイルス不活化効果】
カンファ水は細菌のみならず様々なウイルスにも
強力な不活化効果があります。

 カンファ水の強力な殺菌効果とウイルス不活化効果
次亜塩素酸分子(HOCI)、次亜塩素酸イオン(OCI-)は 殺菌反応速度に違いがあります。
反応後は共に速やかに消失します。 従い、殺菌反応速度が速いほど残留性が無く、人格に安全であり 使用後対象物に与える影響がほとんどないと言う事になります。
逆に反応速度が遅いほど、体内に取り込んだ後の反応となる ため安全とは言えません。
カンファ水は反応速度に優れている次亜塩素酸分子(HOCI)がほとんどの存在率であるため安全なのです。

カンファ水が安全であることは、動物実験によっても立証されて います。 ウサギあるいはマウスを用いた試験によって、経口毒性、 目の粘膜や皮膚に対する刺激性、遺伝的変異の 誘発性が無いことが確認されています。
試験項目 結果
単回経口投与毒性試験
急性毒性試験
異常は認められない
眼刺激性試験試験 刺激性なし
皮膚一次刺激性試験 刺激性なし
皮膚累積刺激性試験 刺激性なし
感作性試験 刺激性なし
コロニー形成阻害試験
(細胞毒性試験)
問題ない程度
復帰突然変異試験
(変異原性試験)
誘起する作用なし

※コロニー形成阻害は殺菌作用の反証でもあります。
■動物安全性試験:日本食品分析センター委託試験
試験カンファ水濃度:200ppm

次亜塩素酸系殺菌水・機能水比較表

カンファ水 次亜塩素酸
ナトリウム水溶液
電気分解機能水
強酸性水 弱アルカリ水 微酸性水
生成方法 次亜塩素酸 ナトリウム (食品添加物)に専用塩酸 (食品添加物)を加えpH調整し、水で適用濃度・ pHに自動的に 希釈調整 次亜塩素酸ナトリウムを水で 適用濃度に自動的に又は人的に希釈 食塩を水に溶解し、有角膜電解槽で電気分解し、 プラス(+)極側で生成。 ※マイナス(ー)極側では強アルカリが生成 食塩を水に溶解し、無角膜電解槽で電気分解し、 そこで得られた高濃度次亜塩素酸水を水で適用濃度に希釈 高濃度塩酸を水で希釈調整した液を無角膜電解槽で電気分解し、その際に発生する塩素ガスを水に溶解し、高濃度次亜塩素酸水を生成。 これを水で適用濃度に希釈
pH 6.5前後 8.6~9.5
(100ppm~200ppm)
2.7以下 7.6~8.5 5.0~6.5
塩素濃度
(装置生成濃度)
30~200ppm 20~60ppm 30~200ppm 10~30ppm
殺菌効果 評価:〇 評価:× 評価:× 評価:△ 評価:〇
次亜塩素酸の 存在率が高いことから短時間で効果を発揮。 また高濃度まで 生成出来ること から対象物及び菌種に応じた広い殺菌スペクトルがある。 次亜塩素酸の 存在率が低いことから短時間での殺菌効果は発揮出来ない。 低濃度であることから有機物が多く付着している物、環境では殺菌効果を発揮することは難しい。 高濃度まで生成 出来るが、次亜 塩素酸の存在率 が高くないこと から、短時間で 殺菌効果を発揮 することは難しい。 (次亜塩素酸ナト リウム水溶液より は優れている。) 次亜塩素酸の存在率が高いことから短時間で殺菌効果を発揮出来る。しかし濃度が低いことから、有機物が多く付着している物や環境に対しては殺菌効果を発揮することは難しい。
安全性 評価:〇 評価:× 評価:× 評価:△ 評価:〇
使用後の速やかに消失することから、残留性がほとんど無い。 反応速度が遅い ことから使用後速やかな消失は出来ず反応までは残留する。また強アルカリのため肌に対しての影響もある。 著しくガス化する 性質であり、発生 した塩素ガスに 危険性がある。 また酸性度が強く肌に対しての 影響もある。 反応速度が遅い ことから使用後 速やかな消失は出来ず反応まで は残留する。 (次亜塩素酸ナトリウム水溶液よりは早く消失する。) 使用後の速やかに消失することから、残留性がほとんど無い。
対象物に与える
影響(腐食性等)
評価:〇 評価:× 評価:× 評価:△ 評価:〇
使用後の速やかに消失することから、対象物に与え る影響はほとんど無し。 中性に近い弱酸性のため影響を 与えにくい。 金属腐食、浄化槽への影響を抑制するには使用後大量の水で洗浄を行う必要がある。 また強アルカリで あることから漂白 作用が強い為、 生鮮食材や 衣類等に影響を 及ぼす。 使用後、即座に強アルカリ水等で中和処理をしないと 金属腐食、食材 への影響が生じる。またガス化が著しく、発生した塩素ガスにより、周辺器具・設備に金属腐食が生じる。 次亜塩素酸ナトリウム水溶液に比べ残留性は低いが、使用後に水で洗浄を行わなければ金属腐食等の影響が生じる。 使用後の速やかに消失することから、対象物に与える影響は極めて少ない。また生成原料に食塩が用いられていないことから他殺菌水・機能水に塩分由来の腐食性は低い。
安定性 評価:〇 評価:× 評価:× 評価:△ 評価:〇
有機物との接触(反応)、紫外線の直接照射、温度と水温との温度差が極端な差が無い状況下では、変化はほとんどな く安定。 金属腐食、浄化槽への影響を抑制するには使用後大量の水で洗浄を行う必要がある。 また強アルカリで あることから漂白 作用が強い為、 生鮮食材や 衣類等に影響を 及ぼす。 温度、時間に著しく安定性が左右される。生成時の 濃度等の有効性を保持することは低温保存しない 限りは難しい。 次亜塩素酸ナトリウム水溶液に比べ温度、紫外線に対する極端な影響は少ないが、長期間有効性を保っての保存す ることは難しい。 有機物との接触(反応)、紫外線の直接照射、温度と水温との温度差が極端な差が無い状況下では、変化はほとんどな く安定。
食品に使用する
ことについての
法的見解
厚生労働省医薬食品局平成16年 8月25日発令 食安基発 0825001により 食品に用いることが出来る。 用いる次亜塩素酸ナトリウムが 「食品添加物」であれば食品に用いる事が出来る。 電気分解水の食品衛生法における総称「次亜塩素酸水」として 食品に用いる事が認められている。 次亜塩素酸ナトリウム希釈水と同等の扱い ※但し条件あり 電気分解水の食品衛生法における総称「次亜塩素酸水」として食品に用いる事が認められている。

◎:優れている  〇:比較対象の中では良い分類  △:比較対象の中では劣っている  ×:優れていない

カンファスイのご購入はこちら