使用量・設置環境・スペース・管理体制など
ユーザー様の最適なシステムプランを構築します

「使用量が多い」「工場内には新しい設備を設置するスペースが無い」「時間帯によって水量が不安定」「従業員にはアルバイトが多く装置の管理、安全対策が不安」など、導入をご検討される上で様々な課題があると思います。
ハセッパー技研はお客様の課題とご希望を把握した上で最善のシステムプランを提案致します。

カンファミキシノーヴァはお客様の使用量、薬剤の管理体制に応じた様々な機種、設置パターンをご用意しております。

カンファミキシノーヴァ ES-B型 / ES-C型

定格
AC100‐200V(50/60Hz)
消費電力
50W(稼働時)
本体寸法
ES-B型:W250×D480×H760(mm) ES-C型:W270×D420×H1080(mm)
重量
ES-B型:13kg(乾燥時) ES-C型:13kg(乾燥時)
給水仕様
給水量:180㍑/時(3㍑/分)以上 給水圧:0.1~0.2Mpa
生成量
180~600㍑/時(3~10㍑/分)
濃度設定
50 / 100 / 200(ppm) 微調整(濃度補正)機能付
pH値
pH6.5 自動調整機能 ※他pH値も調整可 微調整(pH補正)機能付
薬液形態
ES-B型:専用ボトル装着式
(次亜4kg/塩酸2kg)
ES-C型:バックインボックス装着式
(次亜10kg/塩酸5㎏)

※仕様・デザインは予告なく変更する場合がございます。

カンファミキシノーヴァ ES-B型 / ES-C型

カンファミキシノーヴァ AP-T型 / AP-I型

定格
AC100‐200V(50/60Hz)
消費電力
50W(稼働時)
本体寸法
AP-T型:W450×D450×H600(mm) AP-I型:W720×D450×H600(mm)
重量
AP-T型:26kg (乾燥時) AP-I型:37kg (乾燥時)
給水仕様
給水量:300㍑/時(5㍑/分)以上 給水圧:0.1~0.3Mpa
生成量
300~2,400㍑/時(5~40㍑/分)
濃度設定
30 / 50 / 80 / 100 / 120 / 150 / 200(ppm) 微調整(濃度補正)機能付
pH値
pH6.5 自動調整機能 ※他pH値も調整可 微調整(pH補正)機能付
薬液形態
AP-T型:タンク補充式 AP-I型:バックインボックス装着式(標準)
※ポリ缶等の指定容器装着も可
情報出力
外部出力:警報 / 運転状態
(生成中・待機中・停止中)
運転履歴データ出力(ファイル形式:CSV形式)

※仕様・デザインは予告なく変更する場合がございます。

カンファミキシノーヴァ AP-T型 / AP-I型

カンファミキシノーヴァ GH型

定格
AC100‐200V(50/60Hz)
消費電力
60W(稼働時)
本体寸法
W450×D450×H600(mm)
重量
26kg(乾燥時)
給水仕様
給水量:600㍑/時(10㍑/分)以上 給水圧:0.1~0.3Mpa
生成量
600~3,900㍑/時(10~65㍑/分)
濃度設定
30 / 50 / 80 / 100 / 120 / 150 / 200(ppm) 微調整(濃度補正)機能付
pH値
pH6.5 自動調整機能 ※他pH値も調整可 微調整(pH補正)機能付
薬液形態
タンク補充式
情報出力
外部出力:警報 / 運転状態
(生成中・待機中・停止中)
運転履歴データ出力(ファイル形式:CSV形式)

※仕様・デザインは予告なく変更する場合がございます。

カンファミキシノーヴァ GH型

AP-I型(薬液容器交換型)

薬液を容器のまま装着し、薬液交換は容器ごと交換する仕様です。
使用量が多くないお客様、タンク補充は安全面で不安があるお客様にお勧めです。装着容器はQBテナー・ポリタンクなど装着部はお客様のご希望容器に合わせた装着形状で製作致します。
架台は薬液の腐食性を考慮し塩化ビニールで製作しております。薬液収納部は扉(鍵付)の有無をお選び頂けます。

扉付架台(薬液横置)

扉付架台(薬液横置)

扉付架台(薬液縦置)

扉付架台(薬液縦置)

扉無し架台(QBテナー)

扉無し架台(QBテナー)

扉無し架台(ポリタンク)

扉無し架台(ポリタンク)

AP-T型・GH型(薬液タンク補充型)

薬液の交換頻度を少なくしたいお客様向けの仕様。タンク容量は消費量に応じて50L・120L(標準)よりお選び頂けます。ユニット架台は薬液の腐食性を考慮し塩化ビニールで製作し、補充時に薬液がこぼれてしまった際に外部に流出することを防ぐ対策としてタンク設置部は囲いを設けた設計となっております。
ユニット形式はタンク容量・設置スペース・安全面よりご希望に応じて設計致します。

標準ユニット パターン①

標準ユニット パターン①

標準ユニット パターン②

標準ユニット パターン②

タンクの液量は液位目盛りで外からでも確認出来ます。
更に液位センサーを付帯しており、液が無くなった時には警報を発令し生成装置を停止させます。
タンク蓋部は施錠出来るようになっており、管理者以外の薬液補充が出来ない仕様になっています。

保全ユニット(安全面を重視した仕様)

保全ユニット(安全面を重視した仕様) 保全ユニット(安全面を重視した仕様)

タンクを露出させず、収納庫も施錠させ安全面を重視した仕様です。タンクの液量は【残量半分で減少通知】【液が無くなった時には警報を発令(生成装置停止)】の2種類の液量制御をしております。

生成装置2機連結ユニットパターン①

生成装置2機連結ユニットパターン①

生成装置2機連結ユニット パターン②

生成装置2機連結ユニット パターン②

生成装置2機連結ユニット パターン③

生成装置2機連結ユニット パターン③

使用量が多く1台では量が足りない、24時間稼働で万が一の装置故障時のバックアップを兼ねるなど近年生成装置を2機導入するお客様が増えています。
装置本体は2機、薬液タンクは次亜塩素酸ナトリウム、塩酸各1基として、薬剤の補充作業の手間を集約する仕様になっています。

GH型・AP‐T型は専用タンクへお客様による薬液補充作業となります。この作業を誤ると多大な事故に繋がりますので、当該機種を検討の場合は、必ず安全管理責任者を定め、安全にご使用頂ける環境・体制を整えて頂けます様お願い致します。

  • カンファ水を同時に複数の蛇口で使用するお客様、使用量がカンファミキシノーヴァの最大生成量以上で使用されるお客様向けのシステムです。
  • 生成装置から使用箇所までの配管距離が長い場合、楊程が高い場合など、生成装置からの直接給水が困難な場合にもこのシステムは有効です。
  • カンファ水使用箇所付近に装置が設置出来るスペースが無く離れた場所へ設置しなければならないお客様向けのシステムです。
カンファミキシノーヴァ 貯水タンク付帯システム

ES-C型+200Lユニット

ES-C型+200Lユニット

AP-1型+100Lユニット

AP-1型+100Lユニット

AP-1型+200Lユニット

AP-1型+200Lユニット

AP-1型+200Lユニット

AP-1型+200Lユニット

ES-C型+500Lユニット

ES-C型+500Lユニット

AP-1型+500Lユニット

AP-1型+500Lユニット

AP-T型+500Lユニット

AP-T型+500Lユニット

ES-C型+1,000Lユニット

ES-C型+1,000Lユニット

AP-T型+1,000Lユニット

AP-T型+1,000Lユニット

AP-T型+1,000Lユニット

AP-T型+1,000Lユニット

GH型+2,000Lユニット

GH型+2,000Lユニット

GH型+2,000Lユニット

GH型+2,000Lユニット

屋外に小屋・物置を設け、生成ユニット及び送水ポンプを設置。カンファ水はポンプにて工場内へ送水。
※生成装置の警報信号も工場内に送信(警報発令時、点滅灯等で通知)、工場内に設置スペースが無く屋外に設置されるケースは近年増えております。

カンファミキシノーヴァに井戸水を使用しても大丈夫?
井戸水を使用しても大丈夫です。但し、食品に用いる場合、食品に接触する設備や器具に用いる場合には、水質は飲用適合に限ります。井戸水を使用する場合、その水質にもよりますが、消耗部品(pHセンサー)の精度低下が水道水よりも早くなる場合があります。また薬剤(塩酸)の消費量が多くなる場合もあります。
カンファミキシノーヴァに用いる薬剤は指定品以外の使用は不可?
次亜塩素酸ナトリウム、塩酸共に指定品をご使用頂くことをお勧め致しますが、当社ではランニングコストを安く、大量にカンファ水をご使用頂くことを第一と考えておりますので、次亜塩素酸ナトリウムについては指定仕様品(食品添加物12%)であれば、お客様が安価に調達出来る物をご使用頂いても構いません。但し、塩酸については出来るだけ弊社指定品をご使用頂くことをお勧め(お願い)しております。
※最近弊社指定仕様品(食品添加物8.5%)が流通している様ですが、希釈精度によって装置の安定度にも関わってきます。製造ロットによって希釈精度にムラがあり、装置の安定度に影響を来す事案が度々確認されております。
カンファ水に用いる配管の適正材質は?
配管及びバルブ等のカンファ水が常時接液する部分の配管材質は「塩化ビニール」又は「ポリエチレン」又は「テフロン」を推奨します。パッキン材質については「EPDM(エチレンプロピレンゴム)」「FKM(フッ素ゴム)」を推奨します。
カンファミキシノーヴァの保証期間と保守について
カンファミキシノーヴァの保証期間は納入日より1年間となります。保証期間以降はお客様の任意による保守契約をお勧めしております。約7割のユーザー様が保守契約を締結頂いております。
保守契約の詳しい内容はお問合せ下さい。